ケアショー・ジャパン / 5つの展示会を同時開催2019年1月23日(水)24日(木)東京ビッグサイト 西3・4ホール 10:00~17:00

セミナータイムスケジュール | Care Show Japan (ケアショー・ジャパン)

セミナー・プログラム

1月23日(水)のセミナー

1月24日(木)のセミナー

 有料セミナー・無料予約制セミナー
  • ①「聴講する」にチェック
  • ②「申込人数」を選ぶ
  • ヘルスケアITセミナーは、受講者様ごとに登録を行ってください(1人1登録)。
  • ③「申し込み手続きへ」をクリック

ご登録されたメールアドレスに【聴講券】メールが届きます。申し込んだ人数分プリントアウトし、当日セミナー会場受付にお持ちください。有料セミナーに申し込まれた方には別途、請求書を郵送いたします。

  • ※1月11日(金)17時以降に有料セミナーに申込みの場合は、ご請求書を郵送しません。会場にて聴講料をお支払いください。
  • ※申込締切日は1月17日(木)です。空席があるセミナーに限り、当日申込を受け付けます。
  • ※1月15日以降のキャンセル(当日欠席含む)は、キャンセル料として聴講料の金額を申込者様にご負担いただきます。
 無料・当日受付セミナー
  • ① 直接当日会場へお越しください。
  • ②「出展社セミナー」は受付で名刺を1枚ご用意ください。
NR・SA

NR・サプリメントアドバイザー単位認定セミナーについて

統合医療展セミナー「F-3」「F-4」「F-5」「F-8」「G-1」は、一般社団法人日本臨床栄養協会認定のNR・サプリメントアドバイザー資格更新のための単位認定セミナーです。該当セミナー5講座のうち、2講座の受講で3単位、3講座以上の受講で6単位が認定されます。単位認定を希望される有資格者の方は「受講証明書(当日発行)」を展示会場の協会ブースにご持参ください。

【A-6】1月24日(木) 09:00 - 10:00 / A会場

無料・予約制 満席
【基調講演】 次世代ヘルスケア産業の創出~生涯現役社会を目指して~

西川 和見

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長

「人生100年時代」が現実味を帯びてきたいま、そのライフサイクルはどう変化し、ヘルスケア産業にはどんな役割が求められていくのだろうか。本講演では、健康・医療情報の利活用によって医療・介護等の質を高めるイノベーションが実現するために必要な施策の方向性について言及する。

【A-7】1月24日(木) 10:40 - 11:40 / A会場

無料・予約制
東京都の介護人材対策等について/選択的介護の取り組みについて

東京都の介護人材対策等について

木村 総司

東京都福祉保健局 高齢社会対策部 介護保険課 課長

都内では、2025年に約3万5千人の介護人材が不足することが見込まれています。このような状況を踏まえて、東京都は、介護人材の確保・定着・育成に向けて、様々な取組を実施しております。講演会では、東京都の介護人材対策の最新情報をご紹介いたします。

選択的介護の取り組みについて

佐藤 智子

豊島区保健福祉部 介護保険特命担当課長

平成29年2月、豊島区と東京都は国家戦略特区に「選択的介護」を提案しました。有識者会議での検討を踏まえつつ、区内のケアマネジャー、介護サービス事業者と議論を重ね、30年8月にモデル事業実施に至った取り組み等についてご紹介します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【A-8】1月24日(木) 12:20 - 13:50 / A会場

介護保険外サービス ビジネス研究セミナー 無料・予約制 満席
介護保険外サービス ビジネス研究セミナー

保険外サービスの最新動向

紀伊 信之

株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 高齢社会イノベーショングループ部長

介護保険内外のサービスの組合せ等の政策の動き、市場として立ち上がりつつある介護予防、リハビリテーションサービス、在宅生活支援サービス、要介護者向け付加価値サービス等の注目分野について概説する。

[ビジネス事例] 保険外リハビリの“これまで”と“今後”

早見 泰弘

株式会社ワイズ 代表取締役会長兼CEO

[ビジネス事例] 通所介護の保険外サービスの取組 ~人財開発事業への展開~

田口 善彦

株式会社カレア 代表取締役





※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。
詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【A-9】1月24日(木) 14:10 - 15:20 / A会場

無料・予約制
福岡市が社会実装を進める認知症ケア技法「ユマニチュード」と遠隔コーチング/コーチングAIの展開

平成28年度から福岡市で社会実装を進めている、フランス発祥の認知症ケア技法「ユマニチュード」の効果と、同技法のオンラインでの遠隔コーチング、更には人工知能を活用した遠隔コーチング(コーチングAI)の活用と期待される効果について

坂根 裕

株式会社エクサウィザーズ 取締役

笠井 浩一

福岡市 保健福祉局 高齢社会部 認知症支援課長

  申込人数

申し込み手続きへ

【A-10】1月24日(木) 15:40 - 16:30 / A会場

無料・予約制
中国の高齢者ビジネスの現状と課題

藤本 勉

日本貿易振興機構 サービス産業部ヘルスケア産業課 課長代理

急速な高齢化が進む中国では高齢者向けの介護サービスや製品に対するニーズが高まっています。中国における高齢者産業関連の政策動向、日系や現地企業のビジネス展開動向、ビジネスチャンスの所在と課題などについて解説します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【C-2】1月24日(木) 10:30 - 11:20 / C会場

無料・予約制 満席
フレイル予防を通した健康長寿のまちづくり ―鍵は“ソーシャルフレイル”―

飯島 勝矢

東京大学 高齢社会総合研究機構 教授、内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員にも就任

自立度維持のためのフレイル(虚弱)予防には、3つの柱「栄養(食と歯科口腔)・運動・社会参加」を包括的なアプローチで実現する必要です。なかでも社会的(ソーシャル)フレイルの要素は非常に重要であり、フレイル予防はまさに「総合知によるまちづくり」そのものです。


※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。
詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【C-3】1月24日(木) 11:35 - 12:25 / C会場

無料・予約制 満席
超高齢社会における地域包括ケアシステム構築の取組について

家田 康典

厚生労働省 関東信越厚生局 健康福祉部 地域包括ケア推進課長

わが国では、2040年頃には高齢者数がピークを迎えますが、これから誰もがより長く元気に活躍できる社会を実現する生涯現役時代に向けた取組が進められるとともに、医療・介護のみならず、社会システムの改革に繋がる地域包括ケアシステム構築の取組についてご紹介します。


※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。
詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【C-4】1月24日(木) 12:40 - 13:30 / C会場

無料・予約制 残席わずか
稼働率が高いデイサービスと低いデイサービスの違いとは

沓澤 翔太

株式会社船井総合研究所 地域包括ケア支援部 グループマネジャー

稼働率が高く安定しているデイサービスとそうでないデイサービスではどのような違いがあるのでしょうか?本講座では、稼働率が高いデイサービスが取り組んでいる共通事項と安定した稼働率を維持するための施策を具体的にお伝えいたします。

  申込人数

申し込み手続きへ

【C-5】1月24日(木) 13:45 - 14:35 / C会場

一般社団法人日本保険薬局協会共催セミナー 無料・予約制 満席
日本一の健康長寿地域を目標にした薬局運営

道上 敬

阪神調剤ホールディング株式会社 広報企画部 部長

「健康な時から薬局に来店いただき健康に興味を持ってもらうことにより健康長寿をめざす」をコンセプトに、病気になってから処方箋をもって来局されるという従来の患者の流れをかえる為の施設を開設いたしました。開設後1年間の取組みを紹介いたします。

※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【C-6】1月24日(木) 14:50 - 15:40 / C会場

一般社団法人日本保険薬局協会共催セミナー 無料・予約制
潜在ニーズを発掘!保険外の看護・介護事業

益永 佳予子

株式会社ファーマダイワ ライフサポート事業部部長

病気や障がいを持ち制度の狭間で苦悩している人がいる。そこには保険内で解決できない多様なニーズが潜む。がんで闘病し孤立している人、病気等で外出を断念している人などに、看護師らが、医療・生活のサポートを有料で支援する当社の取組みを紹介する。

  申込人数

申し込み手続きへ

【C-7】1月24日(木) 15:55 - 16:45 / C会場

一般社団法人日本保険薬局協会共催セミナー 無料・予約制 満席
かかりつけ薬剤師・薬局の推進、そしてあるべき姿へ

金 順伊

アイングループ 株式会社あさひ調剤 運営研修部・課長

2015年10月に「患者のための薬局ビジョン」公表、2016年4月診療報酬改定にてかかりつけ薬剤師指導料が新設され、薬剤師の業務を対物から対人へシフトさせることが求められています。アイングループでは「患者のための薬局ビジョン」の実現に向けて、この3年間、かかりつけ薬剤師・薬局の機能強化に取り組んできました。今回は、かかりつけ薬剤師を推進し、あるべき姿を追求した結果、2018年改定で新設された地域支援体制加算の実績要件8項目をクリアした事例を紹介します。

※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【D-5】1月24日(木) 10:30 - 11:50 / D会場

日本医療企画 共催セミナー 2,000円
[聴講者参加型セミナー] ダブル改定と地域における食支援

2018年4月のダブル改定では、在宅高齢者のケアに重きがおかれる内容となりました。この流れのなかで今後、在宅高齢者に対する食支援のあり方が問われることになります。ダブル改定のポイントをもとに在宅における食支援の現状と課題についてお話しします。
※本セミナーは、聴講申込時・講演中に受け付けた質問をもとに議論する、聴講者参加型のセミナーです。

中村 育子

日本在宅栄養管理学会 副理事長、福岡クリニック 在宅部栄養課 課長

佐々木 修

「地域栄養経営」編集長、「ヘルスケア・レストラン」編集長

中村 育子

  申込人数

申し込み手続きへ

【D-6】1月24日(木) 12:20 - 13:10 / D会場

試食セミナー 無料・予約制 満席
「食べられない」から「食べられる」を叶えるために ~施設・在宅高齢者の栄養アセスメントから栄養問題を解決する~

麻植 有希子

SOMPOケア株式会社 管理栄養士、一般社団法人 健康長寿科学栄養研究所 代表理事

高齢者は疾患や低栄養・認知症・食環境などが原因で「食べられない」状態に陥る場合がある。「なぜ?」を繰り返し、論理的思考を持ちながら栄養問題を解決し「最期まで口から食べる」ことにこだわっていきたい。

協賛:マルハニチロ(株)

【D-7】1月24日(木) 13:30 - 14:20 / D会場

2,000円
平成30年診療報酬・介護報酬同時改定が示す今後の方向性

西村 一弘

公益社団法人東京都栄養士会会長、駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科教授

超高齢化社会の到来に備えて、地域包括支援システムの構築が急務とされている中で行われた同時改定では、医療介護連携に対する評価が新設され、地域包括ケアシステムが前面に表れている。この方向性を踏まえて、管理栄養士も同職種連携の充実が望まれている

  申込人数

申し込み手続きへ

【D-8】1月24日(木) 14:40 - 15:30 / D会場

2,000円
メディカル給食・在宅配食サービス市場の最新動向

加藤 肇

株式会社 矢野経済研究所 フードサイエンスユニット ユニット長 理事研究員

日本の高齢者は3,500万人に達し、単身高齢者も増加しています。高齢化は生活習慣病や嚥下・咀嚼困難等の疾患に直結します。医療や介護の現場では、食事の充実が高齢者のQOL向上の必須条件です。病院、高齢者施設、在宅における高齢書の食事の最新動向をお話しします。

  申込人数

申し込み手続きへ

【D-9】1月24日(木) 15:50 - 16:40 / D会場

2,000円
地域高齢者が自分らしく生きる生活の実現をめざして Tokyo EATの取り組み

原 純也

武蔵野赤十字病院 栄養課 課長、公益社団法人日本栄養士会 理事

当地域では地域包括ケアシステム推進のため、多施設・多職種の連携の強化に加えて、「地域で暮らす人々を支える人たちが、いつまでも食事を楽しむことができ、さらには、安心して暮らすことのできる街づくり」を目指したTokyo EATを立ち上げた。今回、当地域の現状とともに活動内容について紹介したい。

  申込人数

申し込み手続きへ

1月24日(木) 10:30 - 11:10 / E会場

無料・当日受付
今から考えるべき、2021年介護報酬改定への対策 ~人材定着や利益UPの具体事例もご紹介

星野 公輔

株式会社エス・エム・エス セールス統括部 東日本エリア エリア長 介護経営コンサルタント

2018年制度改正の重要なポイントを振返り、2021年改定へ向けた「売上UP」「営業」「効率化」等の対策をご紹介。 職員満足度を上げ、人材定着や売り上げUPを実現している具体的な事業所事例をもとに考えます。

1月24日(木) 11:25 - 11:45 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
自治体や施設ですぐに取り組める「健康和太鼓教室」を解説・体験

(株)太鼓センター

「楽しみながら健康増進」「いつの間にか仲間づくり」ができる「和太鼓」を利用した健康プログラムを紹介


1月24日(木) 12:00 - 12:20 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
医療福祉分野でのトレハロース活用法 ~食感、色彩、風味の対策~

(株)林原

素材の保水、安定化、矯味矯臭を活かしたメディケアフーズの改善と、再加熱時の課題解決を提案します。


【E-2】1月24日(木) 12:35 - 12:55 / E会場

無料・予約制
2020東京パラリンピック競技 ボッチャによる介護・認知症予防

一場 友実

杏林大学 保健学部理学療法学科 准教授、
(一社)日本ボッチャ協会 医科学情報サポート部 部長

ボッチャは2016リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得している。ボッチャは子供からシニアまで3世代が一緒に行えるスポーツで、戦略を考えるなど身体活動と知的活動の両面から介護・認知症予防にアプローチ可能な競技です。実際に会場で体験してください。

  申込人数

申し込み手続きへ

1月24日(木) 13:10 - 13:50 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
生活支援(保険外)サービスを事業化するポイント

(株)ベンリーコーポレーション

2021年報酬改定に向け、全国230店舗展開で培った生活支援サービスを事業化するための「5つの法則」をお伝えします。

1月24日(木) 14:05 - 14:25 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」 ~体験と活用事例紹介~

シナプソロジー普及会/(株)ルネサンス

全国400を超える介護事業所で導入が広がる、話題の「シナプソロジー」体験セミナーです。

1月24日(木) 14:40 - 15:00 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
在宅高齢者の安否確認と栄養管理

(株)シニアライフクリエイト

お弁当配達による安否確認機能に加え、低栄養・フレイル予防のための栄養管理の取組みを紹介します。


1月24日(木) 15:15 - 15:35 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
腸内フローラと健康寿命延伸の可能性〜フレイルと酪酸産生菌〜

(株)サイキンソー

フレイルと腸内フローラの関係について、弊社の最新研究結果を元にした知見をご紹介します。


【E-1】1月24日(木) 15:50 - 16:30 / E会場

無料・予約制
「後見ほっとライン」全国初の成年後見制度に特化した電話相談の中身

宮内 康二

一般社団法人後見の杜 代表

200兆円といわれる認知症高齢者の凍結預貯金。それを動かす成年後見制度に関する全国初のコールセンター導入自治体の事例紹介。後見人の必要度や費用、後見以外の方法について看護師が電話で明答。平日夜間や週末のみの導入も可能。社協・包括にも人気。

  申込人数

申し込み手続きへ

【F-6】1月24日(木) 10:30 - 11:20 / F会場

無料・予約制 満席
医療・介護分野におけるICT化の中で求められる調剤薬局の姿(仮題)

須川 史啓

株式会社 野村総合研究所 コンサルティング事業本部 グローバル製造業コンサルティング部 ヘルスケア産業グループ

※本講演は事前予約で満席となりました。当日の参加状況により、座席をご用意できる場合や、立ち見にてご聴講いただける場合がございます。
詳細は当日のセミナー受付にてご確認ください。

【F-7】1月24日(木) 11:45 - 12:35 / F会場

2,000円
予防医療におけるコーチングの役割

澤登 雅一

三番町ごきげんクリニック 院長

コーチングは、相手の自発的行動を促進するためのコミュニケーションであり、医療の現場でもチームマネジメントや患者診療に普及してきている。特に、“自発的に生活習慣を変える”という難題をかかえる予防医療の分野では、コーチングは非常に有用である。

  申込人数

申し込み手続きへ

【F-8】1月24日(木) 13:00 - 13:50 / F会場

NR・SA 2,000円
日本におけるリコード法の実践

今野 裕之

ブレインケアクリニック 院長、一般社団法人日本ブレインケア・認知症予防研究所 所長

リコード法は米国で開発されたアルツハイマー病の綜合的な個別治療である。当院では2016年より、リコード法を取り入れた治療に取り組んでいる。今回は同治療により改善をみた症例の紹介とともに、日本における実践上の課題や工夫などを紹介する。

  申込人数

申し込み手続きへ

【F-9】1月24日(木) 14:15 - 15:05 / F会場

2,000円
認知症と歯科の意外な関係 ~口腔・腸・脳の健康トライアングル~

森永 宏喜

森永歯科医院 院長、米国抗老化医学会(A4M)認定医

認知症は要介護の原因のトップとなり、その予防と重症化防止が大きな社会的課題であるが、そこに口腔の病態や機能が大きく関わることへの関心が高まりつつある。本講演では口腔とそれに続く消化器官との関係が認知機能の維持・改善に及ぼす影響について考察する

  申込人数

申し込み手続きへ

【F-10】1月24日(木) 15:30 - 16:40 / F会場

無料・予約制
新たな医療の領域、全人的統合医療 ―エビデンスの構築と社会モデルへの展開―

伊藤 壽記

公益財団法人大阪府保健医療財団 大阪がん循環器病予防センター 所長、大阪大学大学院 薬学研究科 先端免疫治療学寄附講座 特任教授

本邦では超高齢社会を迎えて疾病構造は生活習慣病が中心となったことから、現行医療だけでは自ずと限界があり、新たな医療体系の構築が必要である。東日本大震災が引き金となり、全人的かつ集学的にアプローチする統合医療は国の後押しも受け、急速に浮上してきている。

  申込人数

申し込み手続きへ

1月24日(木) 10:30 - 11:20 / G会場

無料・当日受付
現代科学で読み解くアーユルヴェーダ

鮎澤 大

横浜市立大学 名誉教授・客員教授、ダッカ国立ユーナニ&アーユルヴェーダ医科大学 客員教授

アーユルヴェーダは長寿の科学と呼ばれ、インド亜大陸で五千年の歴史をもつ全身医学体系である。病気の予防と治療に、独自な理論体系とハーブ製剤を用いる。近年、これらの有効性が科学的に立証されつつある。本講演では、発表者の研究を中心にその一端を紹介する。

1月24日(木) 11:35 - 11:55 / G会場

出展社セミナー 無料・当日受付
パントエア菌LPS:カラダが選んだ免疫ビタミン

自然免疫応用技研(株)

自然免疫を活性化するパントエア菌LPSについて、皮膚に対する機能と効果について紹介。

1月24日(木) 12:10 - 12:30 / G会場

出展社セミナー 無料・当日受付
疲労軽減/肥満予防 医療機関でも利用されるオリゴノール

ヘルスエイジ(株)

オリゴノールが持つ豊富な最新の機能性データを紹介し、メディカルサプリメントの開発をご提案。

1月24日(木) 12:45 - 13:25 / G会場

出展社セミナー 無料・当日受付
バイオジェニックスとしての豆乳の乳酸菌生産物質の魅力

野嶽 勇一

東京工科大学応用生物学部 生化学研究室 教授

豆乳の乳酸菌生産物質に関する基礎研究から、肝保全や脂質代謝改善などで実証されているマルチな生理作用について解説。

協賛:エンチーム(株)

1月24日(木) 13:40 - 14:20 / G会場

出展社セミナー 無料・当日受付
「美腸美髪革命」その鍵は腸内環境改善と抗酸化

(株)ファースト

白髪・薄毛改善、艶髪に内側からアプローチするファーストサンゴ(水素焼成サンゴ末)そのメカニズムとは!

1月24日(木) 14:35 - 14:55 / G会場

出展社セミナー 無料・当日受付
世界一輝くダイアモンドが人を癒す メディカルダイアモンドとは!

(株)アルカワールド

癌専門医が、なぜ癌で亡くなるのか?見えないエネルギーを数値化し、モノが人に与える影響を科学的に証明。

1月24日(木) 15:10 - 16:00 / G会場

無料・当日受付
最新アメリカ医療と酵素医療

鶴見 隆史

医療法人社団森愛会 鶴見クリニック 理事長・医師

30年以上にわたり、通常疾患のみならず、癌や難治性疾患に対しても、薬はほとんど使わず、独自の酵素栄養学的療法、良質のサプリメント、ホルミシス温熱療法を用いた治療を実践。次世代型の治療体系として注目されるその豊富な改善事例の最新情報を紹介する。

※本講演は、講演タイトルが変更になりました。

【K-21】1月24日(木) 10:30 - 11:15 / K会場

会場:会議棟 608 無料・予約制
保険者による効果的・効率的な予防・健康づくりに向けて ~共同で実施する新たな保健事業への期待~

野崎 展史

厚生労働省 保険局保険課

中小規模の保険者を含む保険者全体の機能強化や保健事業の効率化を推進するため、共通する健康課題に対して、複数の保険者やヘルスケア事業者等が連携して実施する、共同による保健事業をモデル実施している。その取組について紹介する。

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-22】1月24日(木) 11:30 - 12:30 / K会場

会場:会議棟 608 無料・予約制
徳島県全域を網羅するICT医療連携システム「阿波あいネット」~その概要と糖尿病診療への展開~

徳島県では病院、診療所、在宅・介護までを包括した医療・介護情報情報連携基盤「阿波あいネット」が形成された。その活用により、遠隔医療、患者へのPersonal Health Recordを介した医療、そして蓄積情報の2次利用が始まろうとしている。その概要を糖尿病診療の面から報告する。

松久 宗英

徳島大学 先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発センター センター長、教授

玉木 悠

徳島大学 徳島大学病院 病院情報センター 特任 助教

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-23】1月24日(木) 13:00 - 13:45 / K会場

会場:会議棟608 無料・予約制
認知症の症状と病態からIoT・AI時代の生活機器の開発・利用方法を考える

高崎 亮

医療法人社団健翔会豊島長崎クリニック 東京都地域携型認知症疾患医療センター 理事長・センター長 医師

MCI~早期には認知機能低下から生じる生活機器・設備の利用をめぐる混乱がみられる。地域包括システムの仕組みの中で環境を整えるには、生活機器が認知症対応していることが介護負担の軽減にもつながる。認知機能障害とIoT・AIについての展望について述べたい。

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-25】1月24日(木) 10:30 - 11:15 / K会場

会場:会議棟 703 無料・予約制
エストニアのeヘルスに見る医療情報システムの未来

牟田 学

日本・エストニア EU デジタルソサエティ推進協議会(ジェアディス) 理事

バルト三国の一つ、人口130万人ほどの小国エストニアが実現した電子患者記録システム(EHR)、患者ポータル(PHR)、電子画像管理システム、電子処方箋など、エストニアのeヘルス事例を学ぶことで、将来の医療情報化のあり方を考えます。

牟田 学

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-26】1月24日(木) 11:30 - 12:15 / K会場

会場:会議棟 703 無料・予約制
働く女性が力を発揮できる「女性の健康経営×ICT」とは? ~ライフステージ&年齢で変化する、職場のヘルスケアニーズと対応策~

阿部 エリナ

ウーマンズ 代表取締役

健康経営のための積極的なICT活用が注目されていますが、女性ワーカーにとっては、職場の不満・悩み・ストレスは一向に軽減されていないのが現状です。生き方も働き方も多様化する女性ワーカーたちが「今企業に求めている健康経営」とは何か?ニーズと対応策をご紹介します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-27】1月24日(木) 13:00 - 14:20 / K会場

会場:会議棟703 無料・予約制
【ケアショー・ジャパン2019 特別講演】
持続可能な健康都市づくり~健康寿命延伸プランと自治体SDGsの最先端~

誰もがより長く元気に活躍できる社会を目指し、健康寿命の更なる延伸などを図るには、健康無関心層への対策が重要です。幅広い関係者の連携やデータ活用等により、「自然に健康になる社会」や「行動変容を促す仕掛け」を創ることが重要であり、政府方針や先進事例などを交えてご紹介いただきます。また、SDGs未来都市に選定された岡山市からは、健康をテーマに全体説明とAIやICT等を活用した個別事業について発表いただきます。
【企画協力:認定NPO法人健康都市活動支援機構】

藤岡 雅美

厚生労働省 健康局健康課 課長補佐

野村 晋

岡山市 保健福祉局 次長

松岡 克朗

岡山市 保健福祉局 保健福祉企画総務課

【コーディネーター】
中村 桂子

東京医科歯科大学大学院教授(国際保健医療事業開発学分野) WHO健康都市・都市政策研究協力センター所長
健康都市連合事務局長

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-29】1月24日(木) 14:45 - 15:30 / K会場

会場:会議棟 703 無料・予約制 満席
健康無関心層を巻き込むアプローチ ~マーケティングと行動経済学を活用した健康づくり~

鎌田 真光

東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 保健社会行動学分野 助教

運動・身体活動を中心として、従来の知識提供型・教室型の健康づくりではアプローチ出来なかった層への対策を念頭に、「知らない間に気づいたら健康に望ましい行動をとっていた」という仕掛けづくり・環境づくりを含めたアプローチを紹介します。

【K-30】1月24日(木) 15:45 - 16:30 / K会場

会場:会議棟 703 無料・予約制
iPadを使った健診センターの働き方改革 ―大名古屋ビルセントラルクリニック事例紹介―

松下 智久

株式会社ホスピタルネット MS営業本部 次長

健診業務の効率化と受診者サービスの向上に、iPadを活用した誘導支援システムを展開。問診票、受診票の電子化によるペーパーレス化の実現、iPadによる自動誘導によるスタッフの業務軽減、受診者の満足度向上など、事例をもとに解説します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-31】1月24日(木) 10:45 - 12:00 / K会場

会場:会議棟 606 無料・予約制
ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019 セミファイナリスト プレゼンテーション

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-33】1月24日(木) 12:45 - 13:30 / K会場

会場:会議棟 606 無料・予約制
コードブック×ドコモ・ヘルスケアの健康経営 スポーツを軸にした組織を活性化させる事例紹介

ウォーキングイベントにフィットネスを組み合わせ、従業員が自発的に楽しんで取り組めるよう設計した健康経営のスキーム事例をご紹介します。
当日はフィットネスプログラムの概要/導入実績/データのご説明と実際に行ったフィットネスをご体験頂きます。

山本 周平

コードブック株式会社 スポーツ事業部 執行役員

田岡 秀和

ドコモ・ヘルスケア株式会社 コーポレート本部 取締役兼コーポレート本部長

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-34】1月24日(木) 13:45 - 14:30 / K会場

会場:会議棟 606 無料・予約制
健康経営推進の現状と課題 ―コラボヘルス研究会での実践事例―

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる「健康経営優良法人」の注目度が年々高まっています。産業医科大学とのコラボヘルス研究会での実践事例を含め、様々なアプローチから健康経営推進の現状と課題及び推進策を一緒に考えましょう。

林 邦彦

株式会社イーウェル/コラボヘルス研究会 戦略企画室 室長

小林 成樹

株式会社イーウェル/コラボヘルス研究会 新規事業プロジェクト 部長

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-35】1月24日(木) 14:45 - 15:30 / K会場

会場:会議棟 606 無料・予約制
ゼロから始める健康経営 ~労働集約型産業、コールセンターにおける取組事例~

児玉 信治

パーソルワークスデザイン株式会社 管理本部 宮崎管理部 宮崎総務課

健康経営をゼロからはじめてホワイト500を取得するまで、労働集約型で地方拠点が
複数点在するコールセンター企業でどのような取り組みをおこない、何が変わったのか
をご紹介します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【K-36】1月24日(木) 15:45 - 16:30 / K会場

会場:会議棟 606 無料・予約制
「認知機能の見える化」で、認知症等の様々な社会課題を解決

河越 眞介

株式会社トータルブレインケア 代表取締役社長

私たちの日常生活は、様々な認知機能によって支えられています。しかしその衰えは自覚症状も曖昧で、受診した時には重症化、治療が困難となります。「認知機能の見える化」による、早期発見・予防の効果測定・介護現場の負担軽減についてご紹介します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-8】1月24日(木) 10:30 - 11:30 / H会場

無料・予約制
経営ビジョン達成に向けてサッポロホールディングスがグループで取り組む健康経営の課題と推進のポイント

サッポロホールディングスでは、経営ビジョン達成の為に、グループ各社や健康保険組合と協働して健康経営に取り組んでいます。全従業員参加に向けたICTサービスの活用や各種施策など、推進のポイントと見えてきた課題・効果をお話します。

美野 佳美

サッポロホールディングス株式会社 人事部 人事企画グループリーダー

長田 直記

株式会社FiNC Technologies ウェルネス経営事業本部 ウェルネス経営事業部 ウェルネス経営事業部長

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-9】1月24日(木) 11:45 - 12:30 / H会場

無料・予約制
職場を核としたスポーツを通じた健康増進の取組について ~ICTと健康経営~

企業において、職場から従業員のスポーツの習慣化を促し、従業員の健康づくりに取り組むことは「健康経営」にも資するものです。今回はスポーツ庁の推進する、運動不足を感じながらも、日々忙しくまとまった時間の取れないビジネスパーソンに、通勤時間や休憩時間等を活用して「歩く」ことからスポーツの習慣化を促す「FUN+WALK PROJECT」と、従業員のスポーツ実施を促進する企業を認定する「スポーツエールカンパニー」制度を紹介します。

森田 なつき

スポーツ庁 健康スポーツ課連携推進係 専門職

新井 卓二

山野美容芸術短期大学 特任教授

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-10】1月24日(木) 12:45 - 13:30 / H会場

無料・予約制
中小企業の健康経営は費用をかけない!ここまでできる株式会社アップコン流健康経営とは

健康経営優良法人2018(中小企業版)の認定企業である株式会社アップコン。従業員約40名の同社の健康経営は、経営者の社員への想いから湧き出るユニークなアイデアとICTを活用し、大企業のラグジュアリーな健康経営とは対称的に低予算だった。

松藤 展和

株式会社アップコン 代表取締役

【モデレーター】
熊倉 利和

株式会社セルメスタ 代表取締役

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-11】1月24日(木) 13:45 - 14:15 / H会場

無料・予約制
医療分野における組込型ビデオ通話・ライブ配信の活用について

佐藤 博史

株式会社ブイキューブ 営業本部 副本部長

当社ではVideoSDKと呼ばれる、ビデオ通話・ライブ配信技術を提供し、医療従事者様向け、患者様向けにおける多様なコミュニケーションに対応しております。オンライン医療や多職種連携の推進を実現するための、活用事例をご紹介します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-12】1月24日(木) 14:30 - 15:00 / H会場

無料・予約制
健康経営実践企業におけるポケットセラピストの活用事例のご紹介

健康経営銘柄・ホワイト500認定企業での、生産性向上アプリ『ポケットセラピスト』の活用事例をご紹介。

福谷 直人

株式会社バックテック 代表取締役 兼 京都大学大学院医学研究科

中家 良夫

内田洋行健康保険組合 健康保険組合 事務長

舟久 保恵美

内田洋行健康保険組合 健康保険組合 保健師(医学博士)

渕上 武彦

コニカミノルタ健康保険組合 兼 コニカミノルタ株式会社 人事部健康管理グループ 事務次長

  申込人数

申し込み手続きへ

【H-13】1月24日(木) 15:30 - 16:30 / H会場

無料・予約制
地域の健康課題の見える化から、健康都市・空間デザインへ向けて

花里 真道

国立大学法人千葉大学 予防医学センター 健康都市・空間デザインラボ 准教授

健康・ウェルビーイングへの関心が高まる中、健康の社会的決定要因に関する研究の蓄積は、地域の健康課題の把握と対策の必要性を指摘する。本講演では健康課題の見える化の手法や活用例を紹介し、演者による健康都市・空間デザインへ向けた事例を紹介する。

  申込人数

申し込み手続きへ

【J-8】1月24日(木) 11:00 - 11:30 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
パーソナルゲノム時代が拓く未来と健康経営

(株)ジーンクエスト

ヒトの全ゲノム解析が完了したことで、ゲノム情報を活用した研究が可能になり、一般個人向けにゲノム解析を提供し、個人が自らのゲノム情報を持つというサービスが登場している。(株)ジーンクエストは、個人向けのゲノム解析サービスを提供する企業である。パーソナルゲノムサービスを提供する中で見えてきた、生命科学・医療へ引き起こすイノベーションについて、実際の取組み事例の紹介を交えながら紹介する。

【J-9】1月24日(木) 11:45 - 12:15 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
スマートフォンを利用した眼科遠隔診察の未来

(株)OUI

スマートフォンやIoTの進歩は目覚ましく、医療分野への応用が進んでいる。眼科領域は眼で見て診断を行うため、画像診断の果たす役割が非常に大きい。しかし、眼科診療機器は非常に高額であり、現状では眼科クリニックなどの専門機関だけでしか画像を取得することができない問題がある。この度、スマートフォンに着脱可能で眼科診察を可能とする安価なデバイス(SEC:Smart Eye Camera)を開発した。SECを用い、眼科診療のパラダイムシフトを目指す。

【J-10】1月24日(木) 13:00 - 13:30 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
薬局業務におけるボイスインターフェースの可能性

(株)ファーマクラウド

2007年にiPhoneが登場してからスマートフォンの時代が続いている。このポケットサイズの高性能パソコンというべき存在は「タッチスクリーン」というユーザインターフェースを武器に個人の生活を一変させた。そんな中、昨年登場したスマートスピーカーは「声」というインターフェースで新たな市場を創造しようとしている。弊社はその領域を薬局に定めプロダクトを開発したので紹介する。

【J-11】1月24日(木) 13:45 - 14:15 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
高ストレス者の認知スキルを改善してストレスを1週間で軽減-ITを活用した新しい従業員支援のカタチ

ユナイテッド ヘルスコミュニケーション(株)

ストレスチェックを実施してはいるものの、毎年高ストレス者の数は一定で有効な手立てもなく悩まれている企業様は多いのではないでしょうか。弊社が3年間かけて開発した、1週間で高ストレス者のストレスを軽減するプログラムをご紹介します。ストレスを軽減するメカニズム、効果検証の結果や事例を交えてご紹介します。

【J-12】1月24日(木) 14:30 - 15:00 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
認知症予防における人工知能テクノロジーの活用を考える

ブレインケア(株)

機械学習を活用した認知症評価ツールを事例に、人工知能テクノロジー実現のための具体的なステップを解説いたします。また、社内において人工知能テクノロジー活用プロジェクトを進める際の考慮ポイントも合わせて解説いたします。

【J-13】1月24日(木) 15:15 - 15:45 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
ヘルスケア分野でのAI活用 ~保険加入者のリスク、創薬の生理活性、薬局の売上を予測する~

(株)ログビー

ヘルスケア分野でのAI活用事例をご紹介します。具体例として、保険業界向けに保険加入者のリスク予測、製薬業界向けに創薬の生理活性の予測、ドラッグストア業界向けに薬局の売上予測をするデモを行います。また、病院向けに診療データを活用したリスク予測についてご紹介します。

【J-14】1月24日(木) 16:00 - 16:30 / J会場

ベンチャー/スタートアップセミナー 無料・当日受付 会場受付
採血不要、非侵襲リアルタイム血糖値センサーの実用化に挑戦

ライトタッチテクノロジー(株)

弊社のコア技術である赤外線レーザーを応用することで、光に指をかざすだけで約5秒で採血なしにリアルタイムで血糖値を測定することが可能になります。この血糖値センサーの上市により、糖尿病患者から日々の苦痛や精神的ストレスを解放すること、また健常者における血糖測定のハードルを飛躍的に下げることによって糖尿病患者の増加を抑制し、医療費削減に貢献したいと考えています。

1月23日(水)のセミナー

1月24日(木)のセミナー

ページの先頭